【箱根駅伝】学連選抜で農大・高槻選手が8区を快走

第97回東京箱根間往復大学駅伝競走大会(箱根駅伝)

1月2、3日、東京・大手町から神奈川・芦ノ湖までの往路5区間(107.5㌔)、復路5区間(109.6㌔)の合計10区間(217.1㌔)に20校と関東学生連合(オープン参加)が参加して行われました。

東京農大は昨年の予選会17位で本戦出場を逃しましたが、個人順位34位の高槻芳照(経1、福島県・学法石川高校出身)が関東学生連合チームに選出され、復路の8区(平塚―戸塚間、21.4㌔)に出場。8区の参考タイムでは12位となる健闘を見せました。

高槻選手は「憧れの箱根駅伝を楽しく走れました。今年の予選会ではしっかりと先頭集団で走り、チームの主軸として戦いたい」と予選会突破への意気込みを語りました。

今年は大会を主催する関東学生陸上競技連盟から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため沿道での観戦自粛が呼びかけられていたため、東京農大校友もテレビを見ながらの応援となりました。

 

8区を快走する高槻選手
(1月3日、神奈川・茅ケ崎海岸付近)
(同日、神奈川・藤沢市内)

校友会の活動に戻る
Copyright© 2021 東京農業大学校友会 All Rights Reserved.
【お問合せ先】 TEL.03-3429-1983 FAX.03-3427-2271
E-mail:ko3883@nodai.ac.jp
〒156-0054  東京都世田谷区桜丘3-9-31
ページの先頭へ戻る