造園学科9期生同期会を開催しました

 昭和40年卒業(昭和36年入学)の造園学科9期生はいままで2年に1度の同期会を開催してきましたが全員が「後期高齢者」になったこともあり、今回を「ひと区切りの同期会」として、平成30年4月26日~27日の両日、静岡県浜松市で開催した。
 
 いつものように宴会に先立ち物故者へ黙祷で始まったが残念なことに今回もまた、旧友との別れの知らせがあった。
 
 宴もたけなわ、お互いの近況報告をし合ったり、欠席者の返信綴りなどを話題にして語り合いは深夜まで続いた。 
 
 翌日はバスで市内観光へ。
 浜松市在住の山内敏男氏は以前に15年余りの闘病中「同窓生や身近な方々の励ましでその苦しみから抜け出すことが出来たお礼に」と現地幹事を買って出てくれた。
 まず小堀遠州作の庭園のある井伊直虎ゆかりの寺「龍潭寺」を見学する。江戸時代初期に造られた「池泉鑑賞式庭園」で我々造園学を学んだも者にはずっと眺めていても飽きない程でアナウンサーの解説を3回も繰り返し聞いた。
 また、航空自衛隊のテーマパーク「エアーパーク」も見学した。
 昼食は有名な「浜松の鰻」を堪能した。
 
 今回初めてアメリカのカルフォルニアに移住した塚田哲資氏が参加。
 彼は3年生の時に派米実習に行き、その後アメリカでガーデナーとして活躍していて我々は大いに刺激を受けた。因みにアメリカには「後期高齢者」という言葉はないから「急にクラス会を止めなくても良いのではないか」とも言い残して帰国した。
  
 今後は要望があれば開催することにし浜松駅で名残を惜しみつつ散会した。

宇野 晃(S40 造園)
校友同士の活動に戻る
Copyright© 2020 東京農業大学校友会 All Rights Reserved.
【お問合せ先】 TEL.03-3429-1983 FAX.03-3427-2271
E-mail:ko3883@nodai.ac.jp
〒156-0054  東京都世田谷区桜丘3-9-31
ページの先頭へ戻る