「豊心ファーム」が農林水産省政策統括官賞受賞

 飼料用米の優れた生産技術を表彰する令和2年度の「飼料用米多収日本一」単位収量の部で、五所川原市の「豊心ファーム」が農林水産省政策統括官賞を受賞した。
 同社代表取締役社長の境谷一智さんは平成9年、東京農業大学生物生産学科卒業、弟で取締役常務の境谷稔顕さんは平成14年、同農学科卒業。
 日本飼料用米振興協会と農水省の共催。今回は226件の応募があり、2部門で計12団体・個人が選出された。
 「豊心ファーム」は「えみゆたか」「みなゆたか」を39.5㌶栽培し、10㌃当たりの収量は803㌔。耕畜連携による堆肥利用で生産コストを削減したことなどが評価された。
 受賞式は4月19日に市役所で開かれた。
 「豊心ファーム」は管理面積243㌶に及ぶ大規模水田経営を実現し、兄弟で「東京農業大学経営者フォーラム2019」で経営者大賞を受賞している。

 

校友会ニュース128号(令和2年11月1日)9ページ
「人 ズームアップ㊲」に豊心ファーム・境谷一智氏を掲載
https://www.nodai-koyukai.jp/wp-content/uploads/news128.pdf

 

支部トップページに戻る
Copyright© 2021 東京農業大学校友会 All Rights Reserved.
【お問合せ先】 TEL.03-3429-1983 FAX.03-3427-2271
E-mail:ko3883@nodai.ac.jp
〒156-0054  東京都世田谷区桜丘3-9-31
ページの先頭へ戻る